キュートガール

美容・健康・食生活に関するお役立ち情報を配信しています。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/cutegirl/www/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/cutegirl/www/wp-includes/post-template.php on line 284

オメガ3とオメガ9はどっちが良いの?

オメガ3とオメガ9はどっちが良いの?

ダイエットをする人にとって、脂肪や油は悪いものと捉えがちですが、実は私たちの体に有効な油が存在しています。

脂質は体温を維持したり、日光を利用してビタミンDを合成、脂溶性のビタミンA・D・E・Kなどの吸収を妨げたりしてくれます。
ダイエットをしている人の多くが、脂質を避ける傾向にありますが、脂質をあまりに避けるということは、人体への悪影響も懸念されるのです。
でも脂質を摂取すると太りそうと悩んでしまいますよね。そこで、健康的な脂質はどのように摂取すれば良いのか、またどのような種類があり、どれを摂取すれば良いのかを詳しくお話していきます。

【ボタニカルオイルミックス】

 

脂質にはどんな種類があるのか?

脂質には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分けられています。

〇飽和脂肪酸脂肪

牛肉、豚肉、乳製品などの動物性の脂肪であり、体内で合成することが可能な為、食事から摂らなくても問題ありません。
むしろ、摂りすぎることは健康に良くないとされています。

〇不飽和脂肪酸

ベニバナ、コーン、オリーブ、亜麻仁などの植物性の脂肪であり、化学構造の違いにより、「オメガ3」と「オメガ6」「オメガ9」に分けられます。

この中で、「オメガ3」と「オメガ6」はどちらも体内で作り出すことができないので、食事から補う必要があり、必須脂肪酸と呼ばれます。
「オメガ3」と「オメガ6」には拮抗作用もある為、摂取するバランスが重要とも言われているのです。

上記のことからもわかるように、私たちの健康に欠かすことができない脂質とは、植物性の脂肪分であることがわかります。

飽和脂肪酸のように自ら作り出すことができるタイプに関しては、過剰摂取しないように注意が必要です。
逆に不飽和脂肪酸であるオメガ3、6、9に関しては摂取するバランスが重要になってきます。私たちの健康に欠かすことができない脂質ですが、
健康に良いものかどうかを考えることが大切です。

 

オメガ3、オメガ6を上手に摂取する方法

オメガ3やオメガ6と聞いてもピンとこないという人も多いでしょう。
これは、亜麻仁油やエゴマ油、コーン油、ごま油、大豆油、ベニバナ油などに多く含まれていると言われています。

オメガ3とは、亜麻仁油やエゴマ油に含まれている「αリノレン酸」のことを言います。αリノレン酸が体内に入ることで、DHAやEPAに代謝されるのですが、これが細胞の機能を高めてくれ、血液中の脂質濃度を下げてくれます。コレステロール値を改善してくれたり、動脈硬化の予防などに効果があると言われ、積極的に摂取した方が良いとされている脂質です。

オメガ6は一部体内でγリノレン酸に代謝されます。

抗炎症作用がありますが、摂り過ぎてしまうと逆に炎症や血栓ができやすくなる為、バランスが大切です。

先程も言いましたが、不飽和脂肪酸であるオメガ3やオメガ6は、食事からしか摂取することができません。
ただし、このオメガ3は熱や光に弱く、熱処理をしてしまうと意味がないのです。その為、必ず生の状態で摂取しましょう。

油をそのまま摂取するのに抵抗がある人も多いでしょうが、食事にプラスすることで簡単に摂取できます。パンなどに付けて食べたり、ドレッシングにかけて使用すると簡単に摂取することができます。

 

オメガ9に含まれる「オレイン酸」とは

オメガ9に含まれている「オレイン酸」は、オリーブ油やキャノーラ油、ナッツなどに含まれています。
オレイン酸は、不飽和脂肪酸の中でも酸化されにくいと言われ、体内の活性酸素と結びついてくれるので、過酸化脂質を作りにくくしてくれる効果が期待できます。

活性酸素と結びつくことにより、アンチエイジング効果も期待できますし、
動脈硬化・高血圧・心疾患などの生活習慣病を予防したり、改善を促したりする効果があるとも言われているのです。

オメガ9が多く含まれていることで注目されているのが、オリーブ油です。
オリーブ油には70〜80%にオレイン酸が含まれていると言われ、善玉コレステロールを維持したまま、悪玉コレステロールを下げる作用が期待できます。

オリーブ油を摂取することで、肝臓や腸の働きを高めてくれますし、便秘などで悩んでいる人にとっては便秘解消をサポートしてくれる力強い油でもあるのです。
オメガ9は、オメガ3やオメガ6と違い熱に強い為、加熱をしても問題ありません。日常的に使用する炒め油に利用すると簡単に摂取することができます。

また、生のまま使用しても効果に違いはありませんので、ドレッシングとして使用しても良いでしょう。

 

まとめ

私たちの健康に欠かすことができない不飽和脂肪酸ですが、オメガ3、6、オメガ9のどちらがより効果が高いというものではなく、バランス良く摂取することが大切ということがわかりました。

特に、オメガ3やオメガ6に関しては摂り過ぎては逆効果だということ、
オメガ9に関しては活性酸素と結びついてくれることからアンチエイジング効果に期待がもてますし、便秘解消にも役立ってくれる為、女性には嬉しい作用が多いようです。

日常的に使用する油をこれらに変更すること、飽和脂肪酸ではなく不飽和脂肪酸を摂取することが健康へと導いてくれる方法の一つと言えます。